フリーランスがビジネス名刺を作るメリットとは

一般企業の場合は、かっちりとしたシンプルな名刺が基本です。

しかし、名刺を必要とする仕事はビジネスマンだけではありません。

フリーランスで働く人にとっても名刺は自分を売り込むためにも欠かせないアイテムなのです。

フリーランスの場合は、ビジネスマンが持つような名刺を選ぶと失敗になります。カメラマンであれば、名刺デザインにカメラを、ライターであれば万年筆やペンをと自分の業種に近いデザインの名刺を作らなければいけません。

シンプルな名刺だと逆に印象に残らない場合があるからです。フリーランスで仕事をする人は、名刺を見ただけで何の仕事かをパッと相手に伝えられなければ意味がないのです。

ビジネスマンの場合は、会社名などがその人を現してくれます。

しかし、フリーランスはそういったアピールするものがないため自分の仕事を前面に出したデザイン名刺で勝負しましょう。全員とは言いませんが、フリーランスで仕事をする人のほとんどはデザイン系の名刺を所持しています。

名刺に記載している職業を見なくても分かるようなデザイン名刺を作っています。他にもQRコードを記載して、自分の作品を相手が見られるようにしている人もいます。ライターやイラストレーターなどは、自分のポートフォリオが見られるブログなどを記載している人が多い傾向にあります。

(名刺は人脈づくりにも適している)